純粋にその絵が好きで、部屋に飾っていつも眺めているのが至福の時間、なんていう方もおられると思います。ですが、絵を投資として考えてある方もいるでしょう。巷では、ただ同然の値段で購入した絵が、何年かしたら酷い価値になっていた、などということもありますよね。やはり、めったにそんな事はありませんが、でも、絵を投資目的で貰うのもそれはそれで、楽しいかもしれません。

投資目的で絵を購入するとしたら、海外の画家たちより日本人画家にした方が嬉しいようです。日本人画家なら、おんなじ日本にいるわけですし、情報も入りやすいでしょう。しかも現代の日本人画家の多くは、世界の中においては、まったく無名の原石のようなものです。これから発掘されて、売り払える画家になるかもしれないからだ。世界の人たちも、ちょっぴりづつ日本の画家に注目するようになってきているので、期待が持てます。

本当に、現代アートの村上隆や奈良美智の絵の、値段ののぼりほうが半端じゃないのです。村上隆は、ポップアートの画家で、映画監督もされている方だ。お花をモチーフにした作品が多いのですが、この方の「マイ・ロンサム・カーボーイ」は誠に、16億円という値が付いているのです。奈良美智の絵も、クリスティーズのオークションで1億6千万円の値がつきました。現代アートのことをよく知らないと、村上隆や奈良美智の絵がそういった高値で売買されて掛かるなんて、幾らかびっくりですよね。

ですので、投資目的を考えて絵画を買おうと思うなら、日本人画家の現代アートの分野が良いかもしれないということになります。でも、現代アートやポップアートなんて、からきしよく知らないし、という方も多いと思います。これは将来すごい人気になりみたいとか、こういう絵の感じは普通と違うとか、そういった事を胆力を飼う必要がありますが、これはもう目を肥やす以外に方法はないかもしれません。持って生まれた感性があれば尚良いかもしれませんが、やはり色々な現代アートを見てまわりましょう。

それプラス、美術読み物を何冊か定期的に購読して、現代アートのことを学ぶ必要もあるでしょう。ですが、基本的にはアートが好きな人でないと大変かもしれません。アートが好きならエクスポ巡りも楽しみになるでしょう。そしてエクスポ巡りや画廊巡りをしている段階で、これは好き!というものがあって、値段も手が届く感じなら、思い切って購入してみましょう。部屋に飾りつけながら、将来の値上がりを考えるのも楽しいことかもしれませんね。Webサイト